LJ100テストジャック 200 違い

LJ100テストジャックと200の違いってなに?

 

 

 

LJ100テストジャックと200の違いは何か?
知らない人も多いかと思うのでまとめてみることにしました。

 

 

2つの圧倒的な違い!

 

それはテストステロンを増加させるトンカットアリの配合量と。
吸収を助けながら効果も発揮するZMAの配合有無です。

 

LJ100は1粒に100倍濃縮された成分が25mg入っているので、
通常表記した場合は2500mgが配合されている。

 

これに対して200の配合量は通常配合なので、

 

1粒あたりに100mgしか入っていません。。。
かなーり配合量が少ないわけです。

 

しかも200の方にはZMAは入っていないので吸収が悪く効率が悪い!

 

 

 

配合成分の種類が異なる!

 

LJ100テストジャックの配合成分。
※2粒に対して。
※特徴的なものだけを掲載。

 

成分名 LJ100 トリビュラス ZMA
配合量 50mg(5000 250mg 808mg

 

 

 

テストジャック200の配合成分。
※2粒に対して。
※特徴的なものだけを掲載。

成分名 トンカットアリ マカ ホーニーゴートウィード
配合量 200mg 500mg 250mg

 

 

見比べてみるとわかるように配合成分の種類が違いますよね?
なので効果も当然違ってくるわけです。

 

 

 

 

 

効果はどう違う??

 

 
では両者の違いは??

 

LJ100テストジャック。

 

テストステロン増加に特化!!

 

 

 

テストジャック200。

 

テストステロン少々&血流増強

 

 

という風にわけることができます。
ただここで注意点があります。

 

 

 

注意点とは??

 

冒頭でお話した通り、

 

トンカットアリの配合量が圧倒的に違うということです。
同じようにトンカットアリやトリビュラスは成分として配合されていますが、

 

その量が違うし、

 

200のほうにはZMAも入っていないので吸収が悪い!ということ。
その点を考えると先ずトレーニング効果的にも精力増強的にも
LJ100テストジャックの方が優秀だと言えるでしょう。

 

 

 

じゃぁ200のいいところは?

 

 

 

かなり軽度の勃起障害(たま〜に中折れ)程度なら200で十分!
ということでしょうか。

 

マカ+ホーニーゴートが入っているので血流増強にはおすすめ!
ただ下がった精力をガッツリ上げてくれるテストステロンの上昇には
あまり期待できません。

 

それは上記でもお話した通り、

 

ZAMがなく吸収が悪いことと、配合量が少ないということ。
正直マカにはテストステロンを上げる効果は見込めませんしね。
たま〜に中折れ程度の方は血流だけ改善すれば勃起する
可能性がありますからね。

 

 

 

価格的にはどっちがいい?

 

 

これを見て下さい。
※最安値で掲載しています。
※為替の影響で価格変動あり。

 

商品名 LJ100テストジャック テストジャック200
120粒価格 2980円 4580円

 

かなりLJ100の方が安いのです。
もし血流を気にするのであれば別でシトルリンを購入した方が、

 

量も多く長く飲めるし、効果も高いのでいいかなと思います。

 

私的には精力低下の根本的原因がテストステロンの低下。
とわかっている以上テストステロンを増加させる効果に特化した
LJ100テストジャックが断然いいと思います。

 

筋力増強に関しては答える必要はありませんね^^

 

 

これが両者の違いになります。
参考にしてくださいね^^